反物質流

たんものしちながれ

「本来」

川沿いのテラスでコーヒーを飲みながら「本来もう仕事の時間だな」などと考えていた。実際、僕はそこで仕事をしていたし、何なら職場にいるよりもずっと捗ってさえいた。

ところで、この「何なら」の使い方は「本来」間違いだと思うが、最近よく見かけることもあって「本来」とは何だろうと考えるついでに敢えて使ってみた。といって、それ以上の意味もない。まだあまり指摘もされていないので、何だか身近な生き物なのに実は新種だったのを発見したような、ちょっとした得意の現れに過ぎない。

さて。

そうあるはずだったが、実際にはそうならなかったものを「本来なら」といって恨めしく思うのは、非生産的だし、その「本来」はそもそもどこから来たものなのか。そんなことより現に目の前にあるものをよく見て、そこを起点にする方がよほど良いではないか。

堀端の林を抜けながらそんなことを思っていると「衆生本来仏なり」などと頭に浮かんだ。

おや、この「本来」は違うぞ。

それは自分の外にあって、否、実際には存在しないのに、頭ででっち上げてしまって自分を苦しめるものではなく、たしかに肚の底に具わっているのに、すっかり埋もれてしまって忘れているが、その気になればいつでも掘り起こして使うことのできるものだ。

般若心経をつっかえつっかえ暗証するほかは明解仏教入門を読みかけのままやたら他人に薦める程度で特に仏教に傾倒している訳でもなく「衆生本来仏なり」といって誰の言葉かさえ知らなかったのだが、一応、菩提寺臨済宗なので、どこかで聞いて覚えていたのだろう。

こうやって脇道にばかり逸れるので、僕の授業を受けないといけない学生さんは気の毒だ。

なにしろ「本来」には、あり得たかも知れない架空の今と彼我を分かった過去の分岐点とを恨みつつ語られる「本来A」と、雑事に埋もれながらもそこにあって未来の種になるような「本来B」があるのだな、Aの方は捨ててBを大事にしよう、などと思っていた。

 

カウンセリングでその話をすると(職業的なものなのだろうが)ほぅと感心したあとに、「その本来は別物なんですか?」とまた凄いところをついたところで時間終了。

グスコーブドリ

平行世界…確かめようもないけれど、もしもそうなら、

感謝しなければね。

あのとき確かに、一生分の思いを込めて、それを願った。

取り越し苦労にしか見えなかったが、万に一つのそれを

引き当てたのかも知れない。

だから僕は、この先、何があろうと甘んじて受け入れ、

いつも機嫌よくしていよう。

 

はじまった。

気がつくと、何かに導かれるように、トコトコと動きだしていた。

強い力ではないのだけれど、あれやこれやが、勝手に動きだし

互いにつながって、一つの大きな流れになっていく。

これまで何度も、無理にでも進もうとして、押し戻された

その道を今は、背中に風を受け、転がるように進もうとしている。

あのとき阻んでいたものは、いったい何だったのだろう。

これから僕は、どうなるのだろう。

何だか、楽しみだ。

コッペリア

昨日は娘のバレエ発表会だった。

コッペリア全幕。

こどものバレエ教室というと、クラスごとのチョロチョロっとした出し物を順番にやって終わりという所が(少ない経験上)ほとんどだと思うが、一般客からでもお金の取れそうな舞台の中に、それぞれのクラスの出番を入れ込んでくださる。倅が少しだけ習っていたときなどは、一つしかない男性控室で、プロの方々にかわいがっていただいていた。一緒に踊ったお兄ちゃんはいまロシアだとか。自分がそうなる訳ではなくとも、そういう空気の中に一時でも身を置くというのは、よい経験だと思う。

娘は中学受験のため2年間お休みしていた。かつて一緒に踊っていた同級生は、主役を囲んで華やかに踊っている。休会を決めるときも、その後しばらくも、かなり未練のある風だったが、気持ちを切り替えて全力で受験に臨み、中学生活も落ち着いた頃に復帰、週に3回、4回と通って、今のクラスの中では見劣りしないところまでは追いついた。それでも今回ひとりだけ、トゥシューズは見送った。「目立ってなかった?」というので、もちろん見れば分かるが、演技としては何の問題もなかった答えると、安心したようだった。

複雑な思いも無いわけがないが、それ以上にバレエが好きなのだろう。決してそれで身を立てていくようなものではないのは本人もよくわかっているはずだ。それだけに今は、気の済むまで打ち混んで欲しいと思う。そのときがくれば自分から「もういい。」と言ってくる子だ。

 

今年前半を振り返って

と思ったけど、最近なんか振り返るとか向き合うとか

そんなことばっかり言ってていい加減もう飽きた。

今日は朝からジョギングしてきた。

やっぱ体だいじ。心のためにも。

なんかそういうの好きじゃなかったけどもういい。

思い切って違う世界に飛ぼうとも思ったけれどそれももういい。

この現状もそうやって飛んだ先の成れの果て。

そうやって散らかす場所が増えるだけ。

今いる所から一歩ずつ、進んでいこうと思う。

巻き添えになった人ごめんなさい。何をしたところで

無かったことにはならないので、新しい景色のもとで

またお会いできる日を心待ちに、今はただ前へ向かいます。

水無月も食べたしストレッチして寝よ。

おやすみなさい。いい夢みてね。

 

昨日は朝から娘と賀茂川ランニング、午前中は倅とスタバで勉強、午後はストレッチに連れて行った後、娘も呼んでスタバで勉強しました。金に物を言わせて連れ出した感じですが、ちょこちょこ質問なんかもしてくれるし、定例化しつつ落ち着いたら自宅でやってもいいかなと。珈琲いれたりオヤツ用意したり、そんなの得意だしね。

ここ最近、メンタル系の本を何冊か読みましたが、結局のところ同じことで、言葉に呪縛されず目の前にある物を見ましょう、過去の嫌なことから目をそらさず嫌だと感じた自分の気持ちと向き合い、識らずやってる代替行動に気づきましょうって話ですね。

整理してみると、やりたいこともちゃんとあるし、特段に妨げになるものも無い。できない、ということ自体を、わざわざ作り出してた。カウンセラーの先生にもちらっと言われたことがあったのだけれど。なぜそんなことをしてたのかは、もう少し考えてみるけど、かまって欲しかったんだろうな。

あとね、ダメなことばかりボヤいてますけど、実際のところ結構やってるんですよ、いろんなこと(笑)

ほかにこんなことすると気分にいいよ、っていうのは、誰に言われるでもなく、自然にやってたことが多いですね。倅にも言ってたのですが、自分が発揮できるように自分自身と環境を整えるの大事だよって。

あと単純に心拍数を上げるだけでも気分あがりますね。生き物ですからね。

そんなことで、やることもたまってて忙しくなりそうなので、暫くこういうのも書かないかも知れないですが、元気な証拠ですので。