読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

昨日、塾の先生に怒られたとかで、家内がションボリしてた。

水泳を休ませないとだめですかね、という話だったそうで。

 

もう個別の知識とか能力とかの問題ではなく、完全に時間。

時間との戦い。時間を確保し無駄にしない、己との戦い。

何を残し、何を削るか、という選択も迫られる。

本人は既に承知していて、あとはお母さん、だそうで。

 

僕は今だからわかるけど、官僚とか大企業の幹部とか

そういう人たちって小学生からこれやってるのかと。

いや僕だって大学入試とか院試とか、3ヶ月くらいはそれ

やったけど、イベント事として一息にやったわけで。

それを小学生からやっているのかと。

あるいはもっと前から。

 

ちょっと大袈裟かも知れないけど、日本の仕組みが見えた

そんな気がしました。

 

水泳でいうと個人メドレーの規定タイムはクリアしたとか

会社でいうと上場の審査は通ったとかISO9001取ったとか

既に仕組みは理解していて、あとはそれをどれだけ回せるか

スピードを上げ、効率を高め、他を切り捨て時間を確保する

僕もそうだけど、意外と苦にはならないんですよね。

 

ただノルマはどんどん高くなっていく。

既に物量の勝負だから、もういつ止めてもいいし、それでも

ぜんぜん無駄じゃなかったよと、言ってあげましたが

本人楽しんでやっているようだし、その先にやりたいことが

見えているようなので、当分これがつづくみたいです。

 

まあこれやった人とやってない人では、世界の見え方が

ぜんぜん違うんだろうなとは思いました。

 

#出費もバカにならないんですけどね。