読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

フェラーリ対プリウスの件

 

なんかテレビで子ども達にフェラーリかプリウスか選ばせる番組があったらしい。

で、10人中9人がプリウス選んだとかって。

 

別に好きな方を選んだらいいし、どうせヤラセなんだろみたいな思いもあるし、

どうでもいい話だと思いながらも、何だかずっと気になって仕方ない。

 

 夢がない?

 

それもある。でもちょっと違う。何とも言えない違和感。

 

リッター3キロと30キロだったら10万キロで3万リットル、ドラム缶150本、

排出二酸化炭素70トン、10年分として杉500本、ざっと2反分の差があるわけで、

確かにエコも大事なんだろうけど

 

 だったら電車で行けよ

 

と。タール何ミリとか言ってんならタバコなんか吸うなよ、と。

 

それとな、これはすごい主観的なんだけど

 

 1台のポルシェを30年乗る、それが俺のエコだ。

 

っていうのもカッコイイじゃないか。

(引用なのでポルシェになってるけど細かいことは気にすんな。)

 

それで書いててわかったけど、プリウスっていう車はどこまでいっても

手段であって目的には成り得ない、あるいは目的―手段という二元論でしか

語ることができない、そいういう可哀想な車なんだなって。

 

俺は毎日、家から職場まで片道2時間かけて通っている。電車な。

単なる手段だと思ったら正直やりきれないだろう。

でもそこで会う人がいる、風景がある、誰にも邪魔されずに

過ごす時間がある。

 

ま、そういうことだ。

 

 

追記

俺が免許取ってすぐに先輩から譲ってもらったAE85は83psと非力ながら

軽量でチャリンコみたいな感覚の車で、一緒にあちこち行ったのは

20年たった今でもいい思い出。最後はスクラップ工場に自分で乗って行った。

そういえば陸運で財布なくして家まで10キロ歩いて帰ったよ。