読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

真摯さと分人

「真摯さ」を和英辞書で引くと普通はSincerityが出ると思う。

音が似てるのは偶然だろうし、紳士とも多分関係ない。

偶然じゃない△という話もあるかもしれないが此処では扱わない。

 

ピーター・ドラッカーが経営者にとって最も大切なもの

としてあげているIntegrityが「真摯さ」と訳されているので、

「真摯さ」でGoogle検索なんかすると、そっち方面の話が並ぶ。

Integrityのもともとの意味は、それ自体として完全な、

統合された、一貫性のある、といった感じで、

人格に対して用いられる場合には、誠実、高潔、真摯などになる。

 

関係ないけどSIerはSystem Integratorの略なので、

〜erって書くのにすごく抵抗あったけど最近はあらゆることに

不感症なのでぜんぜん平気。

 

でその一貫性のあるIntegrityたる「真摯さ」と

一貫性なくていいんじゃね?っていう「分人」ってやつと

これは相反するのかというと別にしないんじゃないかな

っていうのを少し真面目に考えてみたら面白かな

というあたりの備忘録でした。

つまりまだ始まってさえいない話です。