読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

アゲハ

子供たちが飼っていたアゲハの幼虫がそろそろ蛹になりそうで

ケースの中では羽が伸びないということで山椒の木に戻した。

 

ふと見ると、二匹のうちの一方はもう幹にじっとして動かない。

もう一方は尻尾の側をだらりとぶら下げていたかと思うと

糞をしたのに続けてかなりの量の液状のものを排出した。

 

そして意を決したかのように幹を降り、しばらく植木鉢の縁を

ウロウロし、故意か過失かポトリと落ちて、そのまま一直線に

駐車場を渡り、家の壁を上り、時々上体を大きく反らせて

何かを確認しながら行ったり来たりして、またポトリと落ちて
今度は塀の方へと一直線に進み、また上体を反らせ周囲を窺い

そうこうしているうちに植え込みにたどり着くと、何だか納得

したような風で周辺を確認すると、ポジションを決めてじっと

動かなくなった。

 

子供の頃から、なぜか蛹になるときは育った木を離れてどこか

違う場所に行くのは知っていた。どうやって行くのかは今回

初めて見た。なぜ行くのかは、相変わらず分からない。けど、

少し分かったような気がした。