読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

野呂松人形

いつものように独りで朝食を摂りながら、ふと目に止まった芥川龍之介全集を手にとって、一番短い作品を読み始めた。

友人に誘われるままに、野呂松人形とかいう古典芸能の鑑賞に訪れた主人公。

僕たちの書いている小説も、いつかこの野呂松人形のようになる時が来はしないだろうか。 

いや、さすがだね。