読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

「ガレキとラジオ」見に行った。

 

ガレキのほかは何もない五月の町ではじまった

素人ばかりのラジオ局。

十ヶ月だけのラジオ局。

 

飾る気もなく淡々と伝えるだけの銀幕に

いつの間にやら引きこまれ自分の町のようだった。

 

町の予算も底をつき、三月末でサヨウナラ。

ラジオは終わりスタッフも三々五々に散っていく。

明日からどこへ行くのやら…仕事探しもラクじゃない。

 

派手な効果も演出も、そういうものは無いだけに

ラジオも映画も終わってもそこで終わりじゃない感じ。

 

そこで不思議なものを見た。

みんなチラシを持っていく。

一枚でなく何枚も。

 

僕も数枚持ってきた。