読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

覚悟

宿題をする子供らも置いて早く寝たのに、変な時間に目が覚めてしまった。

 

何故だか打首にされることになり、その割に丁重な扱いを受けていた。

後始末の加減か、前日から絶食と説明があり、

先ほどの粗末な食事で最後だったと知る。

粗末であったことより、

これが最後と噛み締めることもなく済ませたことに

いくらかの心残りを感じたが、

波立つ程ではなかった。

 

何の儀式か前処理か、事前に刃をあて塩を刷り込まれる。

思いのほか痛くもないのだなと、妙に平静な所へ重ねて安堵する。

 

余命を比較的正確に知りながら過ごすというのは、

あまり一般的ではない経験なのかも知れないけれど、

もはやこれまでと悟った後はとても静かな時が流れる。

もちろん病状や、その他もろもろの状況によっては、

そうならないことも多いのかも知れない。

覚悟の上で死に臨む猶予さえ与えられない、

そんな人も多いのかも知れない。

 

小説でもない限り、死に直すことはできないけれど、

生きている限り、生き直すことは、いつだってできる。

でも本当は、二つは同じことなのかも知れない。

 

おやすみなさい。