読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

学生時代、バブルは終わった、皆がそう実感した頃だろうか、

同窓生と集まり、そのまま俊太郎の家に押しかけて泊まった。

先に起きて、当時まだ第一線のアナリストだった植草先生と

代議士さんの討論番組を見ながら、俊パパと朝食。

 

植草先生が数字やグラフを巧みに使いながら、いかに経済が

危機的状況か、鋭く指摘する一方、代議士先生はただただ

景気は良くなる、と根拠なく自身満々の言葉を繰り返すだけ。

「政府の無能ぶりが手に取るようですね」などと知った口を

利いていると、俊パパから思わぬ言葉を聞くことになった。

「政治家は嘘でもいいから景気は良くなると言わないと。

悪い悪いと言っていれば気分が冷え込みますます悪くなる。」


明治以来、我が国は「パッと戦争」「パッとオリンピック」

そうやって冷え込む経済を盛り上げてきた。

しかし、もうそういうのも効かないほど、この国の、特に

真ん中から下の世代の多くは、己の無力も痛感している一方で

政治も経済も何も信用していない。

 

リスクをとって投資するだけの資金もない、貯金は増えない、

一方こんなに低金利なのに先行きを案じてローンも組めない。

そもそも車も家も、家庭や恋人すらも欲しいと思わない。

否、思えない。何かを持っているごく一部の人のほかは

 自分にも、この国にも、明るい未来なんか、あるわけない、

そもそも未来は明るいなんて、何を根拠にそんなことが

信じられるのか、頭悪いんじゃないのか、そんな空気だ。

 

そんなところで安保法制を強行採決なんかして、

中身はともかく、人々の心には止めを差すことには

なりはしないか。