読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

amazonマーケットプレイスについて

amazonマーケットプレイスで古本を買ったんです。

本体29円+送料257円。状態は「良」とのこと。

で、送られてきた本は一見すると新品のようでいて、

開くと大半のページに書き込みがあって。

まあ読むのに支障ないしいいかと思いつつ、何となく

コンディション・ガイドラインなんてものがあったなと

調べてみたら、こう書いてありました。

使用されていても、きれいな状態の商品。ページやカバーは完全な状態で(カバーがついている場合はカバーも含む)、背表紙に多少の傷が見られる商品。半分以下のページに書き込みや線引きがある商品。蔵書印が付いている商品。

どう見ても「半分以下」じゃないなと思ったので

フィードバックに書いたんですね。星ふたつにして。

そしたら出品者からメール来て「返金します」って。

まあ、当然そうなるわな。

でもさ、29円よ。

29円じゃよっちゃんイカも買えないよ。

そんなもんにケチつけられて、

送料257円も一緒に返金させられたんじゃさ。

大のオトナが回収してきてデータ入力して

注文受け付けて梱包してラベル貼って。

29円のために。

挙句の果てに星2つとか付けられて

10倍以上の近くも返金して。

やってられんよな。

僕だって「ラッキー、タダになった」なんて

全然思わないわけよ。

余計なこと書かなきゃよかったって。

一日ブルーよ。もう。

その間にもしっかり収益出してるヒトがいて。

amazonっていうんですけどね。

もちろん、amazonは自分の仕事はした。

何も悪くない。

便利な仕組みを作って古本を流通させて。

でもなんか、そのおかげで売る人も買う人も

それから当の本を書いた人も、

それで本当に幸せになってるのかなって。

なんかすごい疑問に思ったわけです。

はい。

で、出品者のサイトみたらチャリティーとか

やってるっていうから、

部屋に入りきらなくなった本を今度

そこに送ろうと。

免罪符じゃないけど。

 そんな一日でございました。