読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

「豆はどこでもらえるんですか?」

 

「豆はどこでもらえるんですか?」

ロビーで掃除機をかけていると、数名の学生が寄ってきた。

…またかよ。何にも聞いてないぞ。

「明日のホームルームで担任の先生から案内あるから。ちょっと待ってて。」

 

歳の数ずつ小分けするにも、名簿も何もないし。

それ以前に何の依頼も来ていないんだけど。

質問をこっちに振られてるってことは、

どういう脈絡か知らんけど、こっちでやれってことなんだな…はぁ。

 

今日が…2月1日木曜日。週明け5日に節分の豆をもらってもなぁ。

ってことは明日の帰りには配らないといけない、か。

まあ、とにかくやらなしゃぁない。

 

1人20粒として2,500人で50,000粒。

数は一律で許してもらうとして。

「大豆50,000粒」で発注する訳にも行かないから後で量ってみないと。

1cm立方に2粒として25リットル、か。

生豆なら在庫ありそうだな。夕方までには炒り豆で手に入るか。

 

これを20粒ずつ2,500人分に小分けにする…1人分10秒として

25,000秒、ざっと7時間。まあ何とかなるか。

 

…しかしこの掃除機、よく電源落ちるな。