読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

馬鹿との遭遇(あるいは馬鹿の惑星)

馬鹿の相手って疲れますよね。

そんな時どうしたらいいか、まとめてみました。

 

1. 関わらない

馬鹿は相手にしないのが一番です。存在すら認知できないレベルまで距離を

取るべきでしょう。それができずに困っている貴方にそんなことを言っても

仕方ありませんが、どうしてそれができないのかという位は、考えてみても

いいかも知れません。

 

2. 利用する 

賢しい貴方なら、馬鹿を騙して上前を撥ねるくらいは、たやすいでしょう。

「ダークサイドに堕ちた」とか「畳の上で死ねない」とか言われたところで

ひとたび馬鹿の総大将となれば、もはや聴く耳を持つ必要はありません。

 

3. 啓蒙する

馬鹿につける薬はありません。賢人なら歴史に学ぶべきです。

かつて土鬼の皇帝も、青き衣の人でした。

 

4. 馬鹿になる

郷に入っては郷に従え、こちらも馬鹿になりきってしまうのもひとつです。

初めこそ屈辱的に思うかも知れませんが、疲れやイライラを感じることも

次第になくなり、過ぎし日の記憶は薄れ、いつしか自分がどこから来たか

気にすることさえなくなります。

そして、あわよくば、こんな言葉を耳にできるかも知れません。 

「ただの馬鹿かと思ったけど、お前も成長したな。」

 

(追記)

この話の原案は「三尺箸の譬え」という説話です。

もともとはユダヤの教えらしいですが。