読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

家庭教育について

 

「何でも好きな事をしなさい」

 

子供の頃、僕の将来について父はそれしか言わなかった。

ずっとそれだけを聞きながら、やはり父と同じ理系研究者しか

浮かぶことはなかった。だからそれしか言う必要がなかった

のかも知れない。

 

この言葉の本当の意味が分かったのは随分後になってからで、

本当は海外の一流大学がいいけど最低でも東大は出て、

好きな分野の研究者になりなさい、ということだったようだ。

いちばん安定した職業だということはよく言っていた。

 

一方で戦前生まれ、旧制高校の最後の卒業生である父は、

國への貢献、あるいは國を守るということを、少なくとも

家では一度も口にしなかったけれど、強く意識していた。

戦後まもなくフルブライト2期生としてミッドウェー経由で

渡米したのも、いつか雪辱を果たさんという思いであったと

雑誌の記事で読んだ。

 

直接には一度も言われなかったこのことは、むしろ僕には

あれこれ言われたことよりも強く印象づけられている。

それは日常の営みの隅々に埋め込まれていたのであろう。

 

家庭教育というのは、なかなか難しいものだ。