読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

理想の代償

中小クリーニング店が軒並み廃業に追い込まれる。

 2000年頃のドイツあたりでの話です※。

ドライ溶剤(パークロ)規制が猶予期間も程なく施行され

設備の入れ替えに出せるお金もなく苦渋の決断。

後ろ足で砂をかけるように、すでにある土壌汚染も

各自で回復をはかることとか。

 

※いい加減に書いてますが当時私は関連学会の企画委員で

ケルンの洗濯科学研究所も訪問しています。

 

 

間近くは、浜名湖でアサリ不漁につき潮干狩り中止。

「来年以降、しっかりとアサリの量を確保するため」

その他、漁業資源(お魚さんたち)に関わるところで

いくつか話題に上がっているのはご存知の通り。

 

「未来に借りをつくらない」ための大英断には敬服する。

 

ところでこの週末は、ヒトとヒトの社会との関係での問題が

あれこれ話題になっていました。

 

ネットやテレビで無責任な意見を垂れ流す前に

どれだけの代償を、自分自身が払う覚悟あるのか

少しは考えたらと思うのだが。

 

「方向性」というのと、「今」できていないとダメといのと、

そのあたりも整理したらと思うのだが。

 

「車椅子完全対応」「労働基準法完全準拠」した日には

街場の料理屋の大半は廃業し、残りも大幅な値上げが必要。

我々庶民の口には到底入らないものになるのは必至だ。

 

 ※多くの料理屋は個人事業主で、違法性を指摘するものでは

ありませんが、身を粉にして働いています。