読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反物質流

たんものしちながれ

車窓の風景1

電車に乗ったら、みんな(本当に大多数の人が!)四角い板を握って、

ニヤけたり顰めっ面をしたり、撫でたり叩いたりしている。

中には気の触れたように激しく擦り続けたり、

その板で耳を塞いで宙に話しかけたりする人までいる。

そうして肌も触れ合わんばかりに密集した人々が、互いに無関心でいる。